ブログトップ

HAL設計室スタッフブログ

halsfy.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

外壁仕上げ

c0289326_20115988.jpg

下塗り、中塗りを経て待ちに待った外壁の仕上げ工事です。
仕上げを塗り始める時には、お施主さんに藁の入れ具合や仕上げの荒らし具合を最終確認していただき、職人さんの匠の技で仕上げられます。しっかり乾いて完成するのが楽しみです。
yamazaki
[PR]
by halsfy | 2013-03-22 20:32 | 明科の家 | Comments(0)

コンクリート工事

c0289326_16235965.jpg

天気も良く暖かい陽気の中でのコンクリート工事です。
コンクリートの打設を終え、養生期間に入ります。
yamazaki
[PR]
by halsfy | 2013-03-22 16:42 | 池田町青木原の家 | Comments(0)

太陽光集熱

c0289326_17185476.jpg

明科の家の屋根には太陽光を集熱する真空管が載せられます。
上部の円筒形の部分には不凍液が流れていて、集熱した熱はそこで熱交換され貯湯タンクに貯えられます。集熱した熱は給湯と暖房に使用します。
暖房の配管は貯湯タンクに貯えられた熱を利用して暖房機器へ行く経路と、集熱した熱がそのまま床下の土間へ行き、土間を温める経路があります。貯湯タンクが一定の温度に達すると自動的に床下の土間を温め始めます。補助のボイラーも設置されますが、出来る限り集熱した熱でまかなえるようにする事が目標です。
初の試みに打ち合わせも入念に行われ、結果が出るまで気を抜けません。
yamazaki
[PR]
by halsfy | 2013-03-21 18:10 | 明科の家 | Comments(0)

基礎工事

基礎工事が始まりました。
c0289326_1624780.jpg

c0289326_1640199.jpg

縦筋の頭にフックを付けて主筋としっかり固定します。そうして強い基礎になります。
2階の居間からの眺めを想像しながらくつろいでいる様子を思い描くと、仕上がりが待ち遠しいです。
yamazaki
[PR]
by halsfy | 2013-03-21 17:10 | 池田町青木原の家 | Comments(0)

システムキッチンが設置されました

c0289326_161336.jpg


システムキッチンが設置されました。
毎度のことですが設置と同時に傷が付かないように養生されてしまうので、しばらくは直に見ることが出来ません。
広丘の家は設置方法が他とは違っています。居間の方向に27°振っています。家事をしながら庭を見たいという奥様の要望に応えた結果です。効果は想像以上で、これなら自信を持ってお引き渡しできそうです。
arai
[PR]
by halsfy | 2013-03-21 16:21 | 広丘の家 | Comments(0)

外壁決め

c0289326_15174735.jpg

4月の竣工を目指していよいよラストスパートです。
今日は外壁の塗り方の最終チェックです。
HAL設計室の外壁仕上げは、荒壁風のオリジナルです。したがいまして毎回仕上げが微妙に異なります。そこで実際の建物(豊科の家)の外壁をお施主に見ていただき、コテの荒し方や色を決めてもらいました。
arai
[PR]
by halsfy | 2013-03-16 15:25 | 明科の家 | Comments(0)

床張り

c0289326_1721735.jpg

この床板を張れば床工事が終わります。
木材はケヤキ。この家を建てるために取り壊した家の大黒柱が、柱として使えないほど痛んでいたため薄く割り、痛んだ部分を逃げて床材に加工し、玄関ホールの床に再利用しました。さすがに古いケヤキは品質が良く色がとても綺麗です。今では高価でとても考えられない無垢のケヤキ板張りの玄関になります。古い家の材料を使うことはその家の記憶を後世に繋ぐことでもあります。足で磨かれピカピカになったケヤキ板を次世代の家族も愛し続けてくれることでしょう。
arai
[PR]
by halsfy | 2013-03-13 17:24 | 広丘の家 | Comments(0)

青木原の家が始まります。

c0289326_15211611.jpg

池田町青木原の家の工事が始まります。山々の眺望が絶景の住宅です。
地鎮祭の日は天気も良く山もきれいに見えました。


yamazaki
[PR]
by halsfy | 2013-03-11 15:24 | 池田町青木原の家 | Comments(0)

断熱材がたっぷり

c0289326_14445214.jpg

壁にセルロースファイバーの断熱材が吹き込まれています。
セルロースファイバーは断熱性能が高いのは勿論、吸音性能も高く室内が静かになります。
難しい細工が得意な大工のNさんが階段を造っています。完成が楽しみです。

arai
[PR]
by halsfy | 2013-03-11 14:49 | 広丘の家 | Comments(0)